今日はなんの日?11月6日の雑学!面白い知識でコミュニケーションを潤滑にしよう!

今日はなんの日?シリーズ!

アパートの記念日です。
また戦争などによる環境被害を訴える記念日です。

GHQにより財閥の解体をされます。
さらにお見合いの記念日となっております。

戦後はやはり皆が忙しく出会いも少なかったのですね、、、

アパート記念日

1910(明治43)年11月6日「東京・上野」へ日本初木造アパート「上野倶楽部」の完成をしたことにちなみ制定された記念日です。
平面的で横長な家屋が中心であった時に世の中では「5階建て全70室の縦長住居スタイルは、その後の日本家屋の環境を大きく影響を与えた」ものとされています。

木造アパートの登場をした当時では家賃が高かったことより住む人は

・官公吏教師
・外国人

と上流層がほとんどだったようです。

戦争と武力紛争による環境搾取防止のための国際デー

国連総会11月6日記念日制定された国際デーのひとつとなります。

「国際表記:International Day for Preventing the Exploitation of the Environment in War and Armed Conflict」

「戦争」「武力紛争」などが終わったとしてもその後に長年にわたり戦場とであってしまった地域は環境被害が続くことより、

・環境破壊の防止
・戦争や紛争自体の防止

などを世界的に呼びかけられています。

松葉ガニ漁解禁日

例年11月6日「松葉ガニ漁解禁日」とされています。

「松葉ガニ漁期」11月6日〜翌年3月20日

松葉ガニと言う名称は主に「山陰地域での呼び名」であって一般的に「ズワイガニ」と呼ばれています。
山陰地域などに限らず呼び名はそれぞれで、

間人蟹:京都・丹後半島
・越前蟹:北陸
・たらば蟹:秋田

ど水揚げの地域により呼び名が異なっています。
松葉ガニに関して「天明2(1782)年に、鳥取藩士が諸大名への贈答品として松葉ガニを送った」と記録を残されていてこの記録が「日本史料上初」となる松葉ガニ登場になっていて鳥取県鳥取市が「松葉ガニの名称発祥の地」へとされています。

美味しい松葉ガニに見分け方

鳥取漁業関係者により「美味しい松葉ガニに見分け方」は「甲羅にちょっとした黒い粒みたいなものが付いている松葉ガニ」であり甲羅に黒い粒みたいなものが付いているのは「最終脱皮を終えて充分に成長した証拠で、充分に成長したものは身が詰まっていてる」場合が多いとのことです。

財閥解体が始まる

第二次世界大戦終戦直後1945(昭和20)年11月6日「GHQ」により日本財閥解体を開始されます。
「侵略戦争遂行の経済的基盤」とされ日本財閥の解体は「第二次世界大戦以前の日本の経済体制を壊滅させる」ことを目的とされ、

・三井
・三菱
・住友
・安田

と「四大財閥」を先陣で切るかたちにより解体を進められました。
その後「GHQ主導」のもとに1952(昭和27)年頃まで「日本財閥の解体」は「戦後日本の新たな経済民主化政策のひとつ」と言われてます。

戦後初の集団お見合い会が開催

1947(昭和22)年11月6日「東京・多摩川」河畔にて戦後初になる「集団お見合い会」の開催をされました。
当時「第二次世界大戦の影響」により成人男性が減少して戦後復興に追われて男女とも結婚相手を見つけるのが難しい状況となっていました。

当時「結婚紹介雑誌」企画により集団お見合い会が催されて「20~50歳の男女386人が参加」したそうです。
会場にて相手を探して「お見合い終了後、最大3人までに自身のプロフィールが書かれた用紙の交換を申し込むスタイル」をとっており現代のお見合いパーティーの原点的な企画になっていました。

お見合い記念日

戦後初になる「集団お見合い会」を開催された11月6日「お見合い記念日」とし制定されています。

関連記事はこちら

タイトルとURLをコピーしました