【新しいSNS日本アプリは?】株価もすごい!話題のClubhouseとは【招待制なの?使い方は】

Clubhouse、App、アプリケーション

新しいこれからのSNS、話題の「Clubhouse」とは何なのだろう?時価総額もすごい、、、招待制?まとめてみました!

最近SNS界隈で噂となってきている「Clubhouse」ですが聞いたことありますか?
聞いたことは有るのだけどどのようなものかわからない!そんな人のためにまとめてみました。

次々と新しいサービスが産まれていきます。
そんな中でも今話題のSNSなのでぜひ早期に触れてみてほしいです!

Clubhouse、App、アプリケーション

🔻🔻🔻「Clubhouse」の楽しみ方や始め方などのまとめ記事🔻🔻🔻

【招待制SNS】Clubhouseとはどのようなサービス?【クラブハウスを始めるにはどうすれば?Twitterでもトレンド入り】
Twitterなど他SNSで騒がれ始めている「Clubhouse」(クラブハウス)ですが突如日本を賑わしました!どのようなSNSなのでしょうか?完全招待制とされていますが、始めるのはどうすれば良いのでしょう?楽しみ方を含めて紹介してみます!

新しいSNS!

2020年4月当たりから騒がれだして「米国時間5月15日」異例となる「1億ドル(約107億円)時価総額」の調達をした次世代SNS候補「Clubhouse」ですがどのようなものでしょうか。
Clubhouseを色々とまとめてみました。

「Clubhouse」とは?

「Clubhouse」は音声版の「Twitter」と言われてる音声SNSとなります。
様々な人の「部屋」に入り「話を聞く」「手を挙げて参加する」事ができます。

SNS、テクノロジー

その部屋に入ってれば友達を呼ぶことができますが「その友達」は承認しないと入ってこないのです。
現実の「Clubhouse」っぽい感覚のサービスにとなっています。

参加している登壇者が「テーマ」を決めます。
そこでかなり自由な使われ方をしているのと、今現在では「テック業界」の著名人が集まってきているのです。

「グループ(部屋)フォーマット」となってるので「WhatsApp」マイクロコミュニティなどに似ています。
「WhatsApp」マイクロコミュニティは特定の会話にて人を招待したりできます。

そして何かの「トピック」にてグループを作ったりしているのは日本でTwitterと同じイメージとなります。
ですがこの目的を明確としない感じが面白さとなります。

音声SNSとして過去の物との違いは?登録方法は?

「Clubhouse」のよかったのは音声プラットフォームをこの形で作ったこととなります。
現在はテストフライトのURLを受け取ってそれに記入をします。

すると「Clubhouse」チームからウェイトリストから選ばれたらリンクが送られてきてアプリ登録できます。
試してみたくても現在は気軽にできないのです、、、

SNS、Clubhouse

初期リアクションはどのように違うのか?

過去のSNSでも色々な経過が有りましたが現在は「コロナの影響」もあり「Clubhouse」はバズってます。
「Clubhouse」難しいことはなく非常に使いやすいのです。

ここ数年、誰もが音声が流行ると認識されていました。
そして次のSNSを皆が探していたのです。

「資金調達」はどのような感じ?

初回は「2020年2月」資金調達したらしいです。
そのときは「約100万ドル」(1億700万円)の出資を受けたとのことです。

そして今回報道された情報では

  • 約1200万ドル(約1億8500万円)調達し時価総額は1億ドル

まだベータ版である音声SNSアプリである「Clubhouse」が1200万ドルもの調達をして「時価総額が1億ドル」は大きな話題になっています。
ですが一方で批判の声も上がっているのです。

「馬鹿らしく見える」スタートは何でもそう見えるのです

「バカらしい」「意味がわからない」と「Clubhouse」を言う人は多いのです。
ですがこれはある意味正しい発言だと思います。

ですがこの新しいSNSを投資判断としては取り組むのは間違いではないと思います。
常に新しいアイデアは「バカらしい」と思われてきた歴史があります。

「Facebook」も初期には意味ないと言われてました。
「Uber」も「タクシー」があるからと投資家から断られてました。
「Airbnb」もコンセプトの理解はされませんでした。

ですがアイデアはそのまま駄目となるケースがほとんどです。
ですが投資家はリスク取らないと意味がなくなります。

現状では「Clubhouse」はて上手く行くのかはわかりません。
現状は「1億ドルの評価額」ととても高いのです。

そして可能性を見ると将来の「Twitter」になるかも知れないと考えれば「1億ドル」だとかなりのチャンスと思えます。
「Facebook」も当時は「1億ドル」の時価総額が高いと発言されていました。

このように新しいサービスが出てくると批判が多くなるのは当たり前な事です。
それだけアプリが成功するのは難しいのです。

ですがもしかしたら見誤っていることになるかも知れません。
「Facebook」の成功「その他」の失敗と同じです。

「Clubhouse」はどのようになっていくか?

そして「Cubhouse」は「サブスクリプション」「チップ」「チケット販売」を実装する予定であり「クリエイター」が収入を得る機能を導入する事を計画しているのです。
クリエーターの収入が得られるようになることで関心を持続化ます。

音声、コミュニケーション

そしてそれと同時にメンバーの参加を促す事に役立つのです。
「YouTube」「TikTok」での「インフルエンサー」になれるのはとても魅力的ですね。

そしてクリエーターに支払いを行うと「Clubhouse」もその手数料を回収できるのです。
クリエーターへ収益化していく機会を提供している「Patreon」のように「Clubhouse」を組み込むことを考えているかも知れないですね。

現在どのように使えるの?

アプリは現在は「iOS版のみ」ですが「Android版」の開発を開始されています。
ニーズの拡大に対応できるように整えられています。

「Clubhouse」は過去の批判からどのように開発されていくか関心が集まるはずです。

まとめ

全く新たなSNSなのでどのように発展していくかとても楽しみですね!
これからの時代は音声が来ると言われています。

最初は「馬鹿らしい」と言われていることも今では「皆の憧れ」となることは多くあります。
そのチャンスに乗れるかも知れませんね!

タイトルとURLをコピーしました