今日はなんの日?7月30日の雑学!面白い知識でコミュニケーションを潤滑にしよう!

今日は何の日?シリーズ!

日本にプロレスの記念日が生まれました。
また人権に関する記念日もこの日に生まれました。

沖縄県が左側通行に変わりました。
そして善意を仇で返してしまう嫌な事件もこの日にありました、、、

善意には善意で返していきたいですね。

プロレス記念日

1953(昭和28)年「力道山」が中心となり「日本プロレスリング協会」が結成されました。
「力道山」は1952年(昭和27)年2月3日「プロレス修行」のため「ハワイ」へ出発します。
その後「アメリカ太平洋岸」を転戦し「300戦295勝5敗の成績」を残して帰国し同協会を設立しました。

東北自動車道全通記念日

1986(昭和61)年「浦和~青森」674kmの「東北自動車道」が全線開通しました。

明治最後の日

1912(明治45)年「明治天皇の崩御」により「大正」と改元されました。

国際フレンドシップ・デー

「国連会議」で7月30日に「記念日制定」された国際デーのひとつ。

「英語表記:International Day of Friendship」

「国際友情デー」とも呼ばれており「世界平和の実現」のためには「国」や「文化」を越えた友情が必要だと提唱されております。
例年7月30日を中心に、

・国
・文化
・性別
・民族
・仕事
・年代

を越えた「友情創り」に関する企画や「イベント」がネット上などで展開されております。

人身取引反対世界デー

国連が7月30日「記念日制定」した国際デーのひとつ。

「英語表記:World Day Against Trafficking In Persons」

人身取引は「人身売買と同意で奴隷制とも同義の深刻な人権侵害」とされております。
「国際労働機関」の報告では2016(平成28)年時点で「全世界に約2,090万人」もの人身取引被害者がいるとされております。

数値に表れない「人身取引被害者」も多数いると懸念されております。
人身取引によって、

・強制労働
・性的搾取
・臓器摘出

等の「肉体的」「精神的」に深刻なダメージを被るのは「主に子ども」たちであることから例年「7月30日」を中心に「非人道的行為」が世界に蔓延していることの啓発とし「被害者の人権」を守るための行動を呼びかけられております。
呼びかけを主導している「国連」では「人身取引撲滅活動」として「Blue Heart運動」を世界で展開しております。

沖縄県内の道路が左側通行に

1978(昭和53)年7月30日「沖縄県内の道路」がそれまでの「右側通行」から「左側通行」に変更されました。
太平洋戦争での敗北を受け「沖縄県は1972(昭和47)年まで」日本ではなく「アメリカ領」として統治されていたことから「道路のスタイル」もアメリカ式で「右側通行」でした。

1972(昭和47)年に「沖縄」が「日本に返還」された後もしばらく「右側通行」でしたが7月30日の日付けを冠した「「730」キャンペーン」のもと1978(昭和53)年7月30日に一斉に「通行方向の大転換」が行われました。
ですが変更当初は「交通事故」が後を絶たず「速度規制」などの「交通規制」や「その他仮処置」等は8月の中旬まで続いたのです。

モリソン号事件が起こる

1837年7月30日(旧暦:天保8年6月28日)「日本人漂流者」を乗せて浦賀に来航した「アメリカの商船モリソン号」に対して浦賀奉行が砲撃。
「日本人漂流者」を善意で救い日本に送り届けてくれた「モリソン号」でしたが当時の日本は「鎖国政策」の一環で「異国船打払令」を採用していました。

この時も「問答無用でモリソン号を攻撃」してしまう事態になってしまいました。
モリソン号は「商船」だったため「砲台自体設置されていなかった」ことなどから退散するも後日「モリソン号の来航目的」が日本側にも伝えられると市民の間でも「幕政に関する批判」が高まっていくことになりました。

中には「あからさま」に「幕府を批判」する者も現れ後に

・渡辺崋山
・高野長英

らを権力によって「押さえつけ投獄」させた「蛮社の獄」へと繋がっていくこととなりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました