今日はなんの日?6月28日の雑学!面白い知識でコミュニケーションを潤滑にしよう!

今日は何の日?シリーズ!

ニワトリの日

「に(2)わ(8)とり」の語呂合わせから、日本養鶏協会などが1978(昭和53)年6月に制定しました。
鶏卵・鶏肉の消費拡大が目的です。
ところで、人間とニワトリの関わりはすでに5000年以上にもなります。
古くは時を告げる鳥として、「時告げどり」と呼ばれていました。

貿易記念日

1963(昭和38)年、自由貿易推進の為に閣議決定し、通商産業省(現在の経済産業省)が実施。
1859(安政6)年5月28日(新暦6月28日)、江戸幕府がロシア・イギリス・フランス・オランダ・アメ リカの五か国に、横浜・長崎・箱館(函館)での自由貿易を許可する布告を出しました。
貿易に携わる企業だけでなく、ひろく国民全般が輸出入の重要性について認識を深める日。

パフェの日

1950(昭和25)年、巨人の藤本英雄投手が日本プロ野球史上初のパーフェクトゲーム(完全試合)を達成したことに因み、「パフェ(parfait)」がフランス語で「完全な(パーフェクト)」という意味であることから。

雨の特異日

雨の降る確率の高い日。
6月25日頃~7月2日頃は1年のうちで最も雨の降る確率が高い時期で、その中でも6月28日の確率は東京で53%と大変高くなっています。

サラエボ事件が発生

1914(大正3)年6月28日、当時のオーストリア=ハンガリー帝国大公フランツ・フェルディナントとその妻がサラエボを訪問中に、ボスニア系セルビア人の青年によって暗殺された事件「サラエボ事件」が発生。

暗殺者の青年は反オーストリア的革命運動に加担していることが後に発覚したことから、オーストリア=ハンガリー帝国は、セルビア王国に最後通牒を突きつけることとなりました。

同国間には、それまで領地や統治を巡る争いが絶えなかった背景があり、以後両国からの支援要請などを経て各欧州列国を巻き込んだ第一次世界大戦に発展していくきっかけとなった事件と目されております。

ヴェルサイユ条約が締結

第一次世界大戦期の1919(大正8)年6月28日に、フランス・ヴェルサイユ宮殿にて連合国側とドイツとの間で「ヴェルサイユ条約」が調印されました。

第一次世界大戦で敗戦濃厚だったドイツ側が和平を求め、連合国側へ講和を申し入れたかたちとなりました。

が、連合国側が出した講和条件は、補償金を始めとして、ドイツ側には到底受け入れがたい内容だったにも関わらず、ドイツ側は戦況の圧倒的不利な立場からやむなく条約に調印。

これにより、第一次世界大戦が終結することとなりました。

圏央道、相模原愛川IC〜高尾山IC間が開通

2014(平成26)年6月28日、圏央道の相模原愛川IC〜高尾山IC間が開通しました。
正式名称「首都圏中央連絡自動車道」同区間の開通により、

・東名高速道路
・中央自動車道
・関越自動車道

の各路線が1本のルートとして繋がることとなりました。
また、2018(平成30)年1月28日には、神奈川・海老名南JCTが開通したことにより、

・新東名高速道路

とも接続が完了しております。
圏央道は環状線になっており、混雑の多い都心寄りを経由せずに他の地域へ移動可能となっていることから、特に

・物流
・観光
・地方企業誘致

などには大きな効果が出ております。
また、都心を避けて移動出来ることは都心の渋滞緩和にも役立っていると目されております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました