気付いてあげよう!猫の「寒い」サイン8つ!冷えてきた時に気をつけるコツとは?

猫は寒くなってくると、夏との行動に違いがあります。言葉で「寒い!」とは、当然言えないので、飼い主さんが気がついてあげなければいけません。

猫は、その子にもよりますが、暑いよりも寒いに弱い動物です。寒い冬も猫が快適に過ごせるように、猫の寒いサインに早く気がついてあげてくださいね。

猫の寒いサインとは?

サイン① 丸まる

猫が寒いと感じているときは、「アンモにゃイト」と言われるように、アンモナイトのように丸くなります。

猫は体勢を変えて気温に対応します。寒ければ寒いほど、丸くなります。夏は伸びきった姿を、冬には丸くなった姿を見て、季節を感じる飼い主さんもいるのではないでしょうか?

サイン② 潜り込む

ごそごそとこたつや毛布などに潜り込む。これも、猫の寒いサインです。カーペットの下に潜ってしまう猫もいますね。

猫は狭い所でも平気で入ってしまうので、「えっ!なんでこんなトコに?」と言う所にも、潜っています。事故に遭わないように、気をつけてあげてください。

猫が変な場所に入らないよう、温かい場所を用意してあげることが大事です。

サイン③ 膝乗り猫になる

座っている飼い主さんの膝の上は、猫にとってお誂え向きのカイロです。音もなく忍び寄る影は、膝の上を狙っている、冬の猫の姿です。

柔らかくて温かいその場所は、多頭飼いしていると取り合いになることもあります。膝乗り猫は可愛いですが、足が痺れたり動けなくなるので、飼い主さん的にはちょっと迷惑なことも。普段膝に乗らない猫が膝に乗りたがる時にはちょっと注意してください。体調が悪かったり、寂しい思いをしている時かもしれません。

サイン④ 暖房器具の前に陣取る

ヒーターやストーブの前、エアコンの吹き出し口の下などは、冬の超人気スポット。出した暖房器具を猫と取り合いになってしまう…と言う場合もあるでしょう。

猫用のホットカーペットやこたつがあるので、導入してみては?人用の暖房器具は、猫が火傷する可能性もありるので、猫用の方が安全です。

猫は毛があるため、皮膚に暑さが伝わるのに時間がかかります。ストーブの前で寝ていて、毛から煙が上がっているのに気付かないで事故になってしまうこともあります。ストーブやファンヒーターの前にはストーブガードがあるほうが安全です。

サイン⑤ ブルブル震える

寒さでブルブル震えるのは、猫も人と同じです。相当に寒いと感じているので、早く温めてあげましょう。特にお留守番の時に、家の中が冷えすぎないようにきをつけてあげてください。

体調を崩している猫には、必ず安全に温めるものを、用意しておいてください。体を冷やすと、症状が悪化してしまうかもしれません。最悪なことにならないよう、ポカポカにしておきましょう。

でも温めすぎには注意です!

サイン⑥ くしゃみをする

寒いと猫も、くしゃみをすることがあります。

単発のくしゃみならば、温かくしてあげれば問題ないでしょうが、猫風邪などをひいている場合は連続でくしゃみをしたり鼻水が出たりします。様子がおかしかったら動物病院へ連れて行き、しっかりと治療してあげてくださいね。

サイン⑦ 毛が逆立つ

毛を逆立てると毛の間に空気が入り、保温効果があります。ダウンジャケットと同じ原理です。おとなしくしているのに、体中の毛が逆立っていたら、寒いと思ってあげてください。

サイン⑧ やたらと寝る

基本的に猫はの睡眠時間の長い動物ですが、寒いとさらに寝るようになります。猫の起きている姿を目にするのが少なくなったと感じたら、寒いと思ってください。

寒いときはとにかく寝て体力を温存するのです。温めるのも大事ですが、寝心地の良いふかふかのベッドを準備するのも、大事かもしれません。

まとめ

猫は寒いときには、 下記のようなサインを見せることが多いでしょう。

  • 体を丸める
  • 毛布やフリースなどの上に乗る、もぐる
  • 飼い主さんの膝の上に乗りたがる、寄り添う
  • 暖かい場所に行きたがる
  • 水をあまり飲まない

猫は寒さに弱い動物ですが、ある程度は猫自身で防寒することができるので、部屋の暖めすぎはストレスになることもあります。

猫が快適と感じる温度が2224℃くらいなので、暖房の設定温度に注意してください。

部屋ごとの室温を変えてみよう

また、暖房器具を使用する場合は、「暖房がきいている部屋」と「少しひんやりした部屋」を猫が行き来できるようにするとよいでしょう。部屋ごとに室温を変えることで、猫が快適な部屋を選択することができます。

寒い冬も愛猫が快適に過ごせるよう、猫が見せる「寒い」のサインを覚えておいてくださいね!

 

ぬくぬくと温かい場所でくつろぐ猫。可愛いですね。

猫の幸せそうな顔を見ていると、こちらまで幸せな気持ちなりますよね。

猫が寒くないように温かい環境を整え、幸せのおすそ分けを受け取りましょう!

タイトルとURLをコピーしました