【消費電力、電気代】空気清浄機の性能とはどのように決まる?【集塵や脱臭などフィルター性能】

電気代は?

空気清浄機を使い続けていく上でとても気になる消費電力や電気代とは?そして集塵や脱臭の性能はどのように決まっているの?

空気清浄機を選ぶ際にやはり気になる「性能」ですがどのように決まっているのでしょうか?
この性能を決める際に行われていることをまとめてみました。

またこの空気清浄機を使い続けるための「お金」に関わる消費電力はどれくらいなのでしょう。
電気代を含めてまとめてみました。

電気代は?

「集塵」「脱臭」それぞれの性能

空気清浄機の「集塵性能」「脱臭性能」は空気清浄機の「タバコの集塵効率」「臭気除去」を基準として決められています。
数値設定の詳細は下記の通りになります。

空気清浄機を選ぶ

「空気清浄機」集塵性能

「花粉」「ダニの死骸」は「10~1,000μm」と比較的に大きな粒子ですので容易に集塵できます。
ですが小さい「タバコの煙」はなかなか集塵できません。

ですのでこれを集塵できるかにより性能を規定されています。
「空気清浄機」における集塵性能は「タバコの煙」を「試験粉塵」として初期の集塵効率を「70%以上」と規定しています。

「花粉」「ダニの死骸」は「たばこの粉塵」より大きいので「たばこの粒子」を集めることの出来る性能があれば「大きな粒子」に対し十分な除去性能の証明になります。

「空気清浄機」脱臭性能

「料理」などに伴い発生する「臭気」やペットなどから発生する「臭気」を集塵する能力になります。
「集塵性能」と同様「タバコを試験体」とし初期除去率50%以上と規定されています。

空気清浄機はどれが良い?

プレフィルターに活性炭を搭載しそれが内蔵されてる「空気清浄機」でしたら効率良く空間にある臭気を除去出来ます。
長期間の仕様に伴い洗浄しないと「活性炭」吸着能力の飽和をしてしまい「汚れ」を大気に放出する原因となりますので定期的に洗浄して使うことになります。

床面積当たりの「空気清浄機」の能力の目安

「対応可能な床面積」をカタログなどで見て空気清浄機の購入を参考にします。
この指標を見て能力を判断し選択するのが一般的となっています。

「適用可能な床面積の目安」はメーカーカタログへ記載されてる「タバコの煙5本分の空気の汚れを、30分で清浄化できる部屋の広さ」となっています。
タバコを吸わない部屋にて使用する時は必要以上な「空気清浄機能力」になる可能性もあります。

能力をユーザーにわかりやすくするために「たばこの煙5本分」と表現をしているのですが「学術的」「技術的」表現では「自然換気 1回/時間 の条件下で、粉じん濃度 1.25mg/m3 の空気を30分間で 0.15mg/m3 まで清浄化できる能力」と規定されています。
これを更にわかりやすく表現したのが「たばこの煙5本分」になります。

そして「タバコを吸わない」環境では「フィルターの汚れ方」が緩慢となって長期に渡り同じフィルターの使用をできてフィルターの洗浄間隔も長くなります。

どれを選ぼうかな

消費電力と電気代

空気清浄機は「内蔵ファン」と「フィルター」で構成されています。
そして付加価値として「殺菌機能」「加湿機能」の特殊機能を持たない空気清浄機でしたら「ファンを回転させる電力」が消費電力占めるのであまり大きな消費電力とはなりません。

空気清浄機に、加湿機能、プラズマクラスターやストリーマーといったイオン機能を持たせていない限り、ファンの運転に必要な消費電力のみである。

「風量5.0[m3/h]」である「空気清浄機」におき「強運転」した場合の「消費電力」「電気代」の計算をします。
前述の「加湿機能」「イオン機能」を持たないとし「1kWh」あたり電気代24円と仮定します。

そして「空気清浄機」強運転をした場合は「消費電力」は「約40W/h」程度をとするのが一般的でです。

・0.04kW × 24円/kWh × 1h = 0.96円

「24時間連続運転」を「空気清浄機」でしたとし「1日あたりの電気代」の計算をします。

0.96[円/h] × 24h = 23円

上記より24時間「空気清浄機」を休み無く「強運転」を続けた場合には「1日あたりの電気代は23円」と算出されます。
1ヶ月間、毎日運転したとして「約700円」電気代がかかります。

爽やかな空間

従量料金契約は一般的に消費電力の大きい家の単価を高く設定しているため「700円」より多くなる可能性もあります。
そして「自動運転機能」が搭載されている「空気清浄機」があります。

こちらは「強運転」の設定としている場合は別となりますが「自動運転」としてれば「周辺空気環境が正常になれば運転を止める、または弱める」の動作をします。
そして「自動的に省エネルギー運転」になるので実際には「1日あたり23円」電気代が掛かることはありません。

「空気清浄機」は空気が綺麗な状態で運転することは「エネルギー」の無駄となります。
ですので日常的使用方法としては「自動運転モード」とするのが良いでしょう。

運転時間の設定「日本電気工業会規格」

「日本電気工業会規格」による「JEM1426」では「16畳の部屋でタバコ10本を吸った場合を想定し、空気清浄機は1本あたり1時間運転する」と基準を示されています。
「タバコを吸う」環境を基準にし「1日に10時間運転」するのでこれを計算へ考慮します。

・23[円/日] × 10h/24h = 9.58[円/日]

上記より結果として「1日あたりの電気代は9.58円」になります。
「タバコを吸わない」あまり汚れのない空気環境でしたら「1日の運転時間」をさらに短くできるため電気代はさらに少なく抑えられる場合があります。

空気清浄機の構造は、基本的にファンしかないが、加湿機能や殺菌機能などが付帯する場合は消費電力が大きくなる。除湿機能付き空気清浄機など、ヒーターが内蔵していればそれも消費電力の増大につながるので、運転時の消費電力を取扱説明書等で確認すれば、より精度の高い経産が可能である。

きれいな空気、空気清浄機

まとめ

空気清浄機の性能基準として「タバコ」が用いられているのですね。
やはりそれだけ空気の悪くなる原因として悩まれているのでしょう。

電気代は空気がきれいになる事を考えればとてもリーズナブルなのではないでしょうか?
その他付加機能がある場合はその分も空気がきれいになり健康的に生活できるかも知れません。

一度でも病院にかかり、コンディションが悪くなるのであれば電気代はとても安いものと思えます。
是非ご自身の必要とする能力や電気代よりベストな「空気清浄機」を入手されてください。

空気清浄機の記事のリンク

🔻🔻🔻こちらは以前投稿したニトリの空気清浄機の記事です🔻🔻🔻

ニトリの空気清浄機、エアリー!口コミで評判!購入し使ってみたので解説してみた!
大人気ニトリで扱われている空気清浄機「エアリー」ですがどのような性能でどのような大きさでしょうか?実際に購入してみましたのでまとめてみました!

🔻🔻🔻こちらは以前投稿した空気清浄機に関する機能の記事です🔻🔻🔻

【花粉にホコリにウィルス】空気清浄機とは何が違う?脱臭も出来るか?【機種や種類と効果】
空気清浄機に色々と種類が有るのですがその違いによって効果も違います。ホコリや花粉、ウィルスまでに効果のある空気清浄機の情報をまとめてみました。

🔻🔻🔻こちらは以前投稿した空気清浄機の仕組み関する記事です🔻🔻🔻

【消臭、集塵、脱臭】空気清浄機とは?清浄の仕組みや役割を解説【花粉症、ウィルス対策】
当たり前に使っている空気清浄機ですがそんな空気清浄機の仕組みや働き、構造などどれくらいご存知でしょうか?そんな空気清浄機についてまとめてみました。

🔻🔻🔻こちらは以前投稿した空気清浄機のフィルターの役割に関する記事です🔻🔻🔻

【綺麗のため清浄された空気を】フィルターの役割とは花粉や粉塵を集める【空気清浄機の仕組み】
空気清浄機の仕組みの中でも重要な役割の「フィルター」そのフィルターの働きをまとめてみました。花粉やホコリ、ウィルスを撃退!

🔻🔻🔻こちらは以前投稿した空気清浄機の設置場所による効果の違いに関する記事です🔻🔻🔻

【効率アップ】空気清浄機の設置場所とは?置く場所を工夫【花粉やウィルスを除去しよう】
設置場所一つで空気清浄機の効果は変化します。できれば効果的な場所に空気清浄機を置ききれいな空気にする工夫をしましょう!

🔻🔻🔻こちらは以前投稿した空気清浄機は汚れや臭いをどう検出しているに関する記事です🔻🔻🔻

【PM2.5花粉ウィルス】テストされている規格、空気清浄機の対応とは【センサーで検出どうやって】
アレルギーや喘息、人によってはペットの毛やタバコの煙や臭気、、、 人それぞれ色々と「空気清浄機」を必要とする「意味」ってありますね! その「PM2.5」「花粉」「ウィルス」「臭気」などはどのように空気清浄機は対応し検出しているのでしょうか?

🔻🔻🔻こちらは以前投稿した空気清浄機は性能の決め方、電気代に関する記事です🔻🔻🔻

【消費電力、電気代】空気清浄機の性能とはどのように決まる?【集塵や脱臭などフィルター性能】
空気清浄機はできれば使い続けたいですね。ですがその際にどれくらいお金がかかるか気になります。また性能はどのように決まっているのでしょうか?安心して使い続けるために選ぶ基準として知っておきたいですね!

 

タイトルとURLをコピーしました